So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

NHK「あいうべ体操」「口呼吸」を「鼻呼吸」に変えて免疫力UP! [医療・健康]

スポンサーリンク




「あいうべ体操」小顔効果だけではなく、実は、驚くべき効果が!

「あいうべー体操」呼吸を「口呼吸」から「鼻呼吸」に
変えることにあります。


NHKおはよう日本で特集された「あいうべ体操」
考案者は「みらいクリニック」院長 今井一彰先生。


※舌の位置と筋力の関係!
※「あいうべー体操」で舌の筋力UP!
※「あいうべ体操」のやり方!
※高齢者の生活向上にも舌を鍛える
等々について特集されました。


※舌の位置と筋力の関係!

▼いきなり舌の位置と?いわれると驚きますが。
舌を前歯の裏から、上の方につたっていくと少しへこんだ
場所があります。
その少しへこんだ場所が舌の正しい位置なのだそう。
舌が、上あごにピッタリついた状態が正解だそうです。


▼舌は、筋肉のかたまりでつくられていますが、筋力がついて
いないために、正しい位置に保てない人が多いとか。
「舌の筋肉?」舌の筋力を測定する機械で測定できるようです。
子どもでも、舌の筋力は30くらいは必要だとか。


※「あいうべー体操」で筋力UP!






▼舌の力が弱いと、その重さを支えきれずに自然に口が開いて、
「口呼吸」になります。
「口呼吸」になると口が乾燥して、雑菌が増え、免疫力が低下して
インフルエンザ、風邪などにかかりやすくなる。


▼口呼吸が懸念されるのは、咽頭リンパ組織の乱れや鼻粘膜などの
萎縮、(花粉症の人は、ほとんどが口呼吸なのだそう)
口腔内雑菌の繁殖によって引き起こされる免疫異常です。


▼本人も気づかないうちに免疫力の低下を招くことが問題です。
舌を鍛えるための「あいうべー体操」。朝昼晩10回ずつが目安です。
舌を鍛えることでアトピーやリウマチの改善につながった例もあるとか。



※「あいうべー体操」のやり方!

1・「あー」と口を大きく開く
2・「いー」と口を大きく横に広げる
3・「うー」と口を強く前に突き出す
4・「ベー」と舌を突き出しておもいっきり下に伸ばす

唾液が出そうになりますが、唾液で口の中も潤うし、なによりも
舌の筋力が鍛えられる、これがポイントです。

1~4までを1セットとして1回に10セット、
朝昼夜で30セットを目安に毎日続けるだけです。
声は出しても出さなくてもOK!入浴時にやるといいようです。
ちなみに、お風呂の湯船の中で時間をかけて歯をみがくと、
これもまた、かなり唾液が出てくるのでいいですよ。







※高齢者の生活向上にも舌を鍛える!

▼舌を鍛えることが、高齢者の方の生活を向上させるという
取り組みも紹介されました。
舌の働きと高齢者が閉じこもりがちになることとの関連について。

▼舌の力が弱り、食が細くなって体力が低下する
滑舌が悪くなり、コミュニケーションがとれず、
人に会いたくなくなり結果的に、閉じこもるケースに

▼舌の筋肉を鍛えることで、食べる力や話す力がよみがえり、
よりよい安定した生活が送れるようになると考えられています。

▼高齢者の方には「ベロタッチ」の方法が紹介されました。
歯ブラシで軽く先端、左側、右側の舌を刺激します。
舌を刺激して反射で動くことでそれを繰り返し舌を鍛える
取り組みがなされています。


たかが「舌」と侮るなかれですね。
「鼻呼吸」を意識しろと言われても、次の瞬間には「口呼吸」に!
筋肉を鍛えるとは、恐るべし「あいうべ体操」です。

年初、インフルエンザが例年以上に大流行!「NHKあさイチ」でも
インフルエンザ対策に「あいうべ体操」が特集されましたね。

「あいうべ~体操」の効果は呼吸を「口呼吸」から
「鼻呼吸」に変えて免疫力UP!不快な病状改善ができることです。

⇒あいうべ体操:amazonを見る





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました